金利が高いことが海外口座の魅力の一つ!

「長期休みなどめったにもらえず、勤勉に働く」、これが外国人から見た日本人に対するイメージです。確かに日本人の大半は会社に勤めるいわゆるサラリーマンで、多くの人がこのような外国人がイメージするような生活を送っています。

 

しかし欧米は日本のスタイルと大きく異なります。長期休みを取って家族とともにバカンスを楽しむというのはごく一般的です。なぜこのような違いが日本と欧米との間に生じるのでしょうか?その理由の一つとして、日本の金融リテラシーが低いことが影響していると多くの人は考えています。

 

日本の銀行の金利はとても低いのが現状です。預金をして利息を増やそうとしてもなかなかうまくいきません。そのような状況であっても日本の預金率の高さは50%に達しています。しかしアメリカはというと、預金率は13%と低く、アメリカ人は預金よりも資産を運用することに重きを置いていることがわかります。

 

預金による利息を増やしたいと考えておられる人にとって、金利の高い海外口座にお金を振り込むことはとても魅力的であるはずです。それで積極的にな見方をし、上手に資産を運用することはとても大切です。

 

海外口座を利用して資産運用するための一番簡単な方法は、先ほども述べたとおり利息で資産を増やすことでしょう。その他にも預けている資産で海外の金融資産をさらに購入して、それを運用する方法などがあります。また海外口座を持つことで資産や通貨の分散を行うことができます。

 

仮に日本の金融機関に大きな問題が生じたとしても、海外口座を持ち資産や通貨の分散を行えばリスクを抑えることがでるでしょう。この先何が起こるかわからない時代に私たちは住んでいますので、海外口座を持つことは一種の保険となり、一度に財産を失ってしまったり、大損をしたりするのを防いでくれます。ゆえに海外に口座を持つことを強くおすすめします。


このページの先頭へ戻る