海外に住んでいなくても海外FX業者の口座を作れる?

海外の口座を作ろうとされている方は、まず日本で住んでいると海外の口座は作ることが出来ないのではないかと思われている方が多いようです。しかし、それは間違いで、日本に居住していても口座を開設することの出来る海外のオンラインバンクや郵送の手続きで口座を開設できる銀行もたくさんあります。これらの銀行は、日本にお住まいの住所で登録をすることが可能です。ただし中には、現地に住まないと開設出来ない口座もありますので、気をつけて下さい。

 

海外の口座は、銀行や証券会社、外国為替専門の両替会社など、さまざまな媒体の口座があります。その中でもオフショアバンクは、金融商品の取り揃えが多く、また税制上の優遇を受けることも出来るので、メリットが多いと言われています。

 

オフショアとは何かと言いますと、歴史的、環境的な事情によって外国人の非居住者に対して、税制上の優遇を行っている国や地域のことを言います。税制上の優遇をうけられることから、オフショア地域は別名タックス・ヘイヴンと呼ばれ、金融特別区とされているのです。

 

オフショアの地域に置かれている口座や資産、会社の利益に関しては、非課税となることが多く、他の地域よりもかなり税の面で優遇を受けることができ、メリットも大きいのです。金融的な優遇を受けられるため、投資の取り引きをしている世界中の金融機関が、このオフショアの地域に支店を構えたりしています。

 

現地に出向かなくても海外FX口座を作ることが出来る?

海外の口座を開設するには、現地に直接出向いて手続きをしなければならないと思われている方が非常に多いのです。

 

しかし、実際はそうではありません。海外にわざわざ出向かなくても、日本で手続きを行って海外の口座を作ることが出来るのです。海外の口座は、その現地でももちろん作ることができますので、現地に別の用事で頻繁に行かれる方であれば構わないのですが、口座開設をするためだけに現地にわざわざ渡航代をかけていく必要がないのです。

 

近年では、インターネットがどんどんと普及してきていますので、インターネット上で口座開設の申し込みや手続きをすることが出来たり、郵送でも口座開設の手続きをすることが出来るようになってきています。ネットや郵送で口座開設が出来るようであれば、現地への渡航費用も抑えることができ、気軽に海外の口座を開設することが出来るのです。また、最近では、海外の口座開設をする人が増えてきていることから、開設代行サービスを行っている会社も登場してきています。

 

こういったサービスを利用すれば、面倒な手続きは全て代行会社が行ってくれますので、初めてで海外の口座開設の方法が分からないという方も、安心して口座を作ることが出来ます。海外の口座を開設する際には、パスポートが必需品となります。パスポートは、国際的な身分証明書となるものですので、海外の口座を開設する際は、必ず用意しておきましょう。


このページの先頭へ戻る