誤解が多い海外FX口座の利用

・送金手数料と為替手数料は無駄になる?
海外の口座開設の際、皆さんがよく迷われる理由の1つに、手数料というものがあります。海外旅行に行かれたことのある方は、経験されたことがあるかもしれませんが、円を旅行先の外貨へ両替をする際には、必ず手数料を取られるのです。また、海外の銀行口座にお金を入金すると、海外送金として手数料が発生してきます。

 

この際に発生する手数料は、送金する銀行(日本)に払う手数料と受け取る銀行(海外)に払う手数料の2つの手数料が発生してきます。海外の銀行口座を開設する最大の目的は、資産形成と通貨の分散です。

 

ですので、口座に入金をするのは口座開設をしたときの1回だけですので、そこまで手数料を気にする必要はないでしょう。また、為替レートが良い状態のときに送金をしておけば、手数料よりも大きな為替差益を得ることが出来る可能性もありますので、必ずしもマイナスというわけではありません。

 

1度送金をすれば、あとはそのお金をずっと口座に入れておくだけで預金が増えていくシステムになっています。海外の口座を開設する目的は、

 

資産運用や通貨分散ですので、必ず口座を開設しなければならないというわけではありません。もしものときは、クレジットカードで決済すれば、きちんと処理は出来ます。


このページの先頭へ戻る