為替差益を得るためにクレジットカードを使ったりした賢い方法

海外の口座を開設し、賢くお金を動かす方法として、クレジットカードを利用するということがあります。

 

例えば、アメリカの銀行で口座を開設した場合は、ドル決済のクレジットカードが自動的に発行になるように、その国の通貨での支払いになります。資産をたくさん持たれているほど、為替の変動に合わせて、いくつかの国の海外銀行のクレジットカードと在住している日本のクレジットカードとをうまく使い分けて利用をされている傾向にあります。

 

お金持ちの人は、お金の管理にうるさかったり、ケチだといわれるようなことがありますが、実際にはその通りで、小さな為替変動でもしっかりとチェックをして、損をしないように考えているのです。さまざまな国の口座を取得していれば、世界の経済情勢を日常的にチェックをするようになります。

 

為替変動に合わせて私用するクレジットカードを使い分けるということは、とても難しく考えられている方もおられるのですが、実に単純な仕組みなのです。日本に在住しているならば、円高か円安かで日本のクレジットカードか海外のクレジットカードかを使い分けるだけのものです。

 

円高になっているときは、円が世界的にも強い通貨となっていますので、海外にいても国内にいても使用するクレジットカードは日本のクレジットカードです。逆に円安になった場合は、円が世界的にも弱い通過になっていますので、海外口座のクレジットカードを利用するのがいいとされています。

 

為替変動は、1日1日では少ない動きかもしれませんが、それが年間を通したら思っている以上に大きな違いになってくるのです。毎日為替変動をチェックしてクレジットカードの使い分けをするのがとても面倒だと思われる方もおられるかもしれません。

 

しかし、毎日為替について考えて判断を出来るかによって、お金持ちになれるかどうかが変わってくるのです。生活の中にお金を蓄える技を身に付けておくのが、お金持ちになれる1番の近道なのです。


このページの先頭へ戻る