海外の銀行口座を開設しよう

日本にいながら海外口座を持つことにメリットはあるのか?
昔と比べて今は海外取引や外貨建て取引がかなり自由になってきています。これには1998年に行われた外為法改正が大きく影響しています。そのため、日本にいながら海外に銀行口座を持つことが容易にできるようになりました。日本人の一般的な考え方は、リスクを避け、働いて得たお金を日本の銀行に預金して資産を作るというものでしょう。

 

しかし金利の落ち込み、または年金に対する不安が続く中、銀行預金だけでは安心できないと感じている人が増えてきています。海外に口座を持つ多くの人は、デメリットについて考えすぎて消極的な見方をするのではなく、落ち込んだ日本の銀行の金利にばかり頼るのではなく、資産を海外で運用しようという積極的な見方を持っています。

 

どんな人が海外に口座を開くとお考えでしょうか?

海外によく足を運ぶ人、もしくは海外移住を考えている人、そのような人たちを思い浮かべるかもしれません。自分は海外に旅行することはないし、移住も考えていないので海外口座を持っても意味がないとお考えでしょうか?

 

確かに多くの人は、日本にいる限り海外口座に振り込んだお金は引き落とすことができないと考えているようです。しかし実際には海外口座に振り込まれたお金を日本で引き落とすことは可能です。

 

海外の銀行に対応しているATM機やクレジット力ードは多々あります。それで海外に口座を持つことを過度に心配する必要はないのです。


このページの先頭へ戻る