海外銀行口座と海外FX口座を同時に利用する際の注意点やメリット

FXのためなどに、海外で口座を作ったりする場合には、そこで違法な行為をhしてしまうことにならないように、じぶんできちんと注意しなければなりません。知らなかったというだけでは、許されないのです。

 

FX投資をしていた場合、国内だけではなく、海外のFXで得た利益というのも、もちろん課税対象になります。このことをきちんと理解していなければなりません。というのも、所得税法でも、日本の居住者に対しては、全世界の所得に対して、課税するというのが、法律で決まっているからです。そうなると、海外で得た利益についても、課税対象となるのです。

 

なので、海外で口座を開いた場合に、そこで発生する、利子、配当、また、株、譲渡益などについても、課税対象となります。それは、日本で得た、同様の利子などと、同じ扱いです。

 

こういったことを理解していない、もしくは故意に無視をするとなると、それは違法行為になります。よく、主婦や個人投資をしている一般人が、こういったことで脱税で捕まったりしていますが、それも、こういうことが理由になります。

 

よく、オフショアバンクにある口座だと、税金を払わなくてもいい、というふうに言われたりしますが、これは勘違いの原因です。実際には、先程述べたように、日本の税金はきちんとかかってきます。かからないといえるのは、現地の口座のある場所の税金がかからないということです。こういったことも、きちんと理解をしてから、海外投資や、口座開設をするようにするべきだといえるでしょう。

 

資産形成はどうやって行うべき?

資産形成をするときに、なにをエンジンとするか、ということがあります。そういった場合におすすめできるのが、FXです。

 

資産運用のキーワードとなるのが、資産の分散です。よくボートフォリオなどといわれますが、それと同様の考え方です。ひとつの資産に集中するのではなく、株だったり、不動産だったりと、そういった違った形の投資先に、資産を分散させます。そうすることで、リスクが集中するのを避けることができるのです。

 

また、そこから更に資産を殖やすというふうに考えるならば、海外口座をつかって、外資を扱ったり、海外FXというのも、ひとつの手です。外資というのも、やはり有効な資産の分散となります。また、国内であれば、やはり国内の動向によって、違った資産でも同じ動きをすることが多いですが、これが海外となると、アップダウンのタイミングもずれてきますので、リスクの分散という意味でも、いいバランスがとれることがあるでしょう。

 

さらに、円の金利のことを考えてみても、海外投資というのは有益になるでしょう。最近は、円の金利もずっと低いままです。海外で預金をしてみれば、国内で定期預金をするよりも、もっと高い利子を得る可能性も出てきます。

 

こういったことで、海外の資金運用ができるようになってきたら、海外FXで運用してみましょう。特に、こうすることで、証拠金に金利が発生しますので、、うまくレバレッジを活用して、この証拠金を残して活用することができます。

 

このように、段階をおって、資金活用をしていくにあたり、FXというのは、資産形成のベースとなる、エンジンとして活用していけるものだといえます。


このページの先頭へ戻る